金属加工の怪我リスクと対策とは?

金属加工では硬くて重い金属を扱うため、作業中に怪我するリスクが高いと言えるでしょう。

金属加工に使用する加工機器は鋭い切れ味や強い圧力を加える物もありますので、扱い方を間違えると手足を挟まれたり巻き込まれて体の一部を失う大事故で繋がったり、最悪の場合は命に関わるでしょう。

電気や熱による加工では火災や感電のリスクが考えられますので、金属加工をする際には正しい方法で機械を使用したり、安全対策を徹底しておく事が大切ですよ。

金属加工に慣れていないと扱いを間違える可能性がありますし、機械を使っていると加工に慣れてくるかもしれませんが、講習をしっかりと受けたり金属加工に関する勉強をして安全意識を高めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る