アイアンワーカーでできる加工と特徴

アイアンワーカーは、切断と穴あけをするための加工機です。主に鉄製品にたいして使われます。
その特性上、大ロットの加工は苦手としていますが、小ロットの加工にはすぐに対応してもらえることが多いため、今でも使われることの多い加工機となります。

データではなく手作業で加工を行うため、最初にも少し触れた通り数をこなすのには向いていません。ただデータ入力に必要な時間を節約することができるため、逆を言えばすぐに部品が欲しいというような急な要望にもすぐ対応しやすいです。
また小ロット製作だけでなく、新製品の開発にも迅速に対応できるのが大きな魅力でしょう。

手作業であることから、どうしてもデータを元に生産を行うデジタルのマシンよりも正確さに欠けがちなのはデメリットです。もちろん熟練の職人が対応してくれればほぼ誤差は出ませんが、やはり人の手ですので多少誤差が出てしまうということがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る