カテゴリー:金属の技術

  • 身近な金属、銅にも種類がある?

    日本人にとって身近な金属の一つである銅は、色々と種類があると言われていますよ。 銅の中でも純銅は文字通り純度が99,90%という高さの金属で赤銅とも呼ばれていて、その中でも無酸素銅は酸素を含まない純銅ですよ。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属の炎色反応

    アルカリ金属や銅等の金属などを炎に入れた時、それぞれ特有の色の炎が見られます。この反応の事を金属の炎色反応と呼びます。 この反応を私たちが一番見られるのは、花火でしょう。金属の炎色反応は花火の着色にも使われています。 他…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属に触れると冷たい理由

    金属に触れると、室温に関係無くヒンヤリと感じると思います。 このように金属に触れた時に冷たく感じるのは、金属の「熱を伝わりやすい」という性質が関係しているのです。 そもそも人が自分の体温よりも低い温度のものを触っ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属加工の専門家 機械加工技能士とは

    機械加工技能士とは、まさに金属加工の専門家とも言える国家資格です。 金属加工に必要なnc旋盤工の技術力を保証する為の資格で、金属加工の業界ではこの資格を持っていると大いに役立ちます。 受験は難易度が最も低い3級か…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属の伝統的な着色方法

    金属工芸の世界では、金属を薬品などを使って科学的に酸化・腐食させる事で金属ならではの様々な発色を行なっています。 こうした発色方法では塗装とは一味違った深み、奥行きを感じる事が出来ます。 金属自体は酸化しやすい素…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属の圧延加工

    圧延加工とは、金属板をロールで薄く伸ばしていく加工方法のことを指します。 2つ、もしくは複数のロールを回転させ、その間に金属を通していくことで、金属板はもちろんのこと、金属棒や金属管などの形状に変化させることが出来ます…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3Dプリンターのメリット・デメリット

    金属3Dプリンターは機械加工で行なうと大変な作業でも簡単に、そして低コストで造形出来るのが最大のメリットですが、何が何でも作れるという訳ではありません。 例えば3D水管がある場合は体積が少なくなるので材料費も低減し…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小型ハイエンドタイプ超音波金属接合機

    非鉄金属の接合に優れており幅広い分野で高品質の製品開発に適用することが可能で最先端技術を結集して開発したハイエンドタイプの多機能超音波金属接合機です。 シングルボード・コンピューター VersaGraphix をしよう…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アルミ缶の磨き方

    今回はアルミ缶を綺麗に磨く為の方法をご紹介致します! ピカピカに磨いたアルミはインテリアにも最適だし、中に何かを入れて使うのにもクールに楽しんで頂けますよ。 まずアルミ缶の中を流水で洗い、キャップのバリがあったら…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属の接合加工

    金属の接合加工で行われる作業は、主に金属同士、又は金属と異種素材を溶融・一体化させる「溶接」、重鎮金属を溶かして金属材同士を結合させる「ろう付け」、ろう付けに似ているものの、450℃以下の低温で金属材を結合させる「はんだ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る