鉄は含まれている不純物の種類、量などによって様々な性質を持ち、金属の中でも一際変わり者と言えるのが特徴です。

何の不純物も含まれていない純粋な鉄の性質は展性・延性に優れており、さらに強い強磁性を持っています。
金属は普通磁石にはくっつかないのですが、先ほど記載した通り鉄は強い強磁性を持っているため、数少ない磁石にくっつく金属としても広く知られているでしょう。

純金はこのように磁気特性や冷間鍛造性に優れているために切削加工が非常に難しく、大量生産や複雑な生産を苦手としているのです。
また純金は錆びやすいという欠点もあるので、使われる時は基本的に目的の用途に合わせた金属を混ぜて合金にされます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る