飛行機に使われている金属は軽くて頑丈なものが使われていたり、アクセサリーには軽くて錆びにくい金属が使われていたりと、製品が求めている性能を金属を使い分けることによって実現してします。
しかしこうした理想の性能を実現するために必ずしも単体の金属が使われている訳ではなく、様々な金属の成分を混ぜ合わせることによって「合金」として使われているのです。

合金には銅と亜鉛が使われている黄銅、鉄・クロム・ニッケルが使われているステンレス銅、アルミ・銅・マグネシウムの合金であるジュラルミン、ニッケル・クロムが使われるニクロム、そして最後にチタン・アルミ・亜鉛のチタン合金というように多くの種類が存在しています。
それぞれ黄銅は五円玉や金管楽器、ジュラルミンは航空機や車、ステンレス銅は調理器具というように用途があり、非常に身近な所に合金が使われていることが実感出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る