古くから使われる銅のこれから

銅は人間が始めて使った金属とも言われており、古い記録ではエジプト文明やメソポタミア文明から使われていた事が確認されています。
更にその後、どの銅に錫を加えた「青銅」が作り出され、銅よりも扱いやすく耐久性が高いということで様々な用途に使用されてきました。

そんな銅は現在でも私たちの生活に欠かせない存在となっており、携帯電話等の電化製品など身近な場所でも活躍しています。
現在の日本では0.005ミリという極薄な銅箔の製造も可能にし、この技術の高さがスマートフォン等の内部材料として世界で支持されているのです。

また未来の自動車として開発されている自動運転車にも周囲の情報をキャッチするセンサーとして銅箔が使われており、これからも銅の進化に目が離せない時代が続くでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る