磁石にくっつく金属の種類

金属と聞くと磁石にくっつくイメージがありますが、実際はつかない金属の方が多いことをご存知でしょうか。
磁石につく金属は限られていて、それぞれがある特徴を持っています。

その特徴とは「強磁性体」ということです。磁性体とは、磁性を帯びる物質のことで、この磁性体が強い金属は磁石につく金属になります。
磁石につく金属でも身近なものは「鉄」です。他にもニッケルやコバルト、が磁石にくっつきます。
これらは先ほど説明した通り、強磁性をもつ金属になります。

ただし、鉄でも不純物を含まない純鉄は磁力の境界線と磁壁が動きやすく、磁石を話した途端にバラバラな方向に向いてしまいます。
よって、純鉄は磁石から離してしまうと、磁石につかなくなります。

逆に身近にある中でつかない金属は「金」や「銀」、「銅」「アルミ」になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る