金属加工の専門家 機械加工技能士とは

機械加工技能士とは、まさに金属加工の専門家とも言える国家資格です。
金属加工に必要なnc旋盤工の技術力を保証する為の資格で、金属加工の業界ではこの資格を持っていると大いに役立ちます。

受験は難易度が最も低い3級から段階的に受けていくことになります。
3級は実務経験6ヶ月以上から、次に受けるのが実務経験2年以上が必要な2級、そして実務経験7年以上が受けられる1級、更にはこの1級合格後に実務経験5年以上積んだ方だけが受験できる特級があります。
特級にいたるまで、最低でも12年の実務経験が必要なため、いきなり1級を受けるということは出来ません。
それぞれにある程度の難易度が設定されているので、保有する級によって、その技術者がどの程度の技術を持っているのかが分かります。

金属加工に関する仕事は機械加工技能士の資格がなくとも出来ます。
しかし、この先ずっとこの業界でやっていこうと思っているのなら、転職や昇進のことを考えても取得しておいた方が有利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る