金属バットと木製バットの違い

野球に使われるバットには木製と金属のものがありますが、なぜこの2つに分けられているのかご存知でしょうか?

両者の違いは主に「値段」と「打球速度」です。
金属バットは値段はそこまで高くありませんし、丈夫な金属で出来ているので打球も速くなるのが特徴です。
それに対して木製バットは加工する技術等が必要なため、金属バットよりも遥かに値段が高くなってしまいます。

金属バットは打球が速いので、筋肉が成長しきっている大人が使うと打球が速すぎてしまい危険です。
打った球が人に当たったら大けがをしてしまう危険性が高いので、金属バットは少年〜高校野球に、木製バットは大学生や社会人、プロが使う用途で作られているということになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る