金属の伝統的な着色方法

金属工芸の世界では、金属を薬品などを使って科学的に酸化・腐食させる事で金属ならではの様々な発色を行なっています。
こうした発色方法では塗装とは一味違った深み、奥行きを感じる事が出来ます。

金属自体は酸化しやすい素材ですので、勝手に酸化して色が変わってしまったという金属を見た事ある方は多いでしょう。
この自然に起こる酸化を防ぐ為に、先に薬品などを使って酸化させる事で色をつけてしまう発想になります。

こうして人工的に付けられた酸化は安定した錆の状態を生み出すため、それ以上起こる自然な酸化を起こしにくくします。
そうするとどんどん錆びていってボロボロになってしまうということを防ぐ事が出来るのです。

この薬品を使った着色方法は古くから伝わっている伝統技術の一つでもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る