マグネシウムの性質と化合物

マグネシウムの性質は、強い熱を加えることにより、明るい光を放って燃焼するという金属であり、マグネシウムが酸素と結びつくことにより燃焼反応が起こり、酸化物マグネシウム(MgO)になるのです。

また、マグネシウムは熱いお湯と反応させることにより、水と反応して電解されます。

酸化マグネシウムを作るには、600度の温度で加熱するという水酸化物の加熱分解製法が効果的ですから、水酸化物を加熱分解して水と金属の酸化物になります。

酸化マグネシウムが希塩酸に溶解することにより、塩化マグネシウムを得ることができますので、塩基性酸化物が酸に反応して塩化マグネシウムと水ができるのです。

マグネシウムは、その合金が様々な部品として活用されることが多い金属ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る