鉄フライパンを長持ちさせる方法

鉄フライパンは熱に強く高温での焼き物に大活躍することから、プロも多く愛用しています。
また丁寧にお手入れをしていれば一生もの自分だけの鉄フライパンとして使うことが出来ます。
そこで今回は新品の鉄フライパンにやっておきたいお手入れの方法をご紹介いたします!

最初は「焼き込み」から行ないましょう。
新品の鉄フライパンには錆び防止の塗料が塗られていますので、それをガスの炎で燃やすことを「焼き込み」と呼びます。
空焚きすることになるので煙に注意しつつ、十分に換気しながら作業していってください。
フライパン全体が青白い銀色になるまで焼き込みしたら終了です!

続いてフライパンが完全に冷えるのを待ってから「油ならし」を行ないます。
フライパンにお玉2、3杯の油を入れて、うっすらと煙が立つくらいに熱したら弱火でフライパンの側面にも油が行き渡るようにしていきます。
油が行き渡ったら油はオイルポットに移し、残った油をキッチンペーパーで練り込んでいきましょう。
フライパンの裏側にも油を塗ることで錆びを防ぐ事ができます。
より油を馴染ませる為に屑野菜を程よく炒めたら終了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る