金属の圧延加工

圧延加工とは、金属板をロールで薄く伸ばしていく加工方法のことを指します。
2つ、もしくは複数のロールを回転させ、その間に金属を通していくことで、金属板はもちろんのこと、金属棒や金属管などの形状に変化させることが出来ます。
一度で目的の厚さに伸ばすのではなく、繰り返しロールに通していくことで厚みを整えていくのも特徴でしょう。

ロールは目的の厚さや材料の厚み、硬度によって最適な直径のものを選ばなくてはいけません。
他の加工方法と合わせることで、仕上がりの硬度や完成した素材の特性等をある程度コントロールすることも出来るので、想像以上に細かくこだわった完成品を手にしてもらうことが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る