異種金属を一体接合

こちらの会社では国の支援を受けて電気炉ろう付けによる異種金属を一体接合をじつげんしました。この技術によって、熱交換器のアルミニウムでよい部分はアルミで水に触れる部分にのみ銅を使用することで、大幅なコストダウンと軽量化が実現しました。

家庭用や業務用の給湯器などに使われる熱交換器は一般的に銅が使用されています。その理由としては水道水は飲料水としても使用しますので、銅以外のものは使用していないというのが現状となっています。

アルミを使用しない理由としてはアルミは水道水などを入れますと腐食してしまう可能性があったりアルミが体の入ることの危険性がまだ分かっていないといったことがあげられます。
この技術は冷凍機やヒートポンプなどにも応用することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る