独自の発色技術でステンレスに色付け

色が付いた金属には多数の需要がありますが、ステンレスに色付けをするには剥がれやすい塗装やメッキ以外にも方法があるのでご紹介いたします。

元々のステンレスはシルバー色の綺麗な色合いですが、冷たい印象を持たれるので、色付けすることで加飾し、通常のステンレスとは一味違った雰囲気が得られるのです。

ステンレスの酸化被膜を光の干渉により、様々な色を出すという発色技術は、科学薬品の他に電気も利用することで酸化被膜を制御することができるようになりました。

光沢のある黒色は高級感を与えられますから、高級ブランド店などにも活用できますし、オシャレな内装を作り上げることができるのです。

光の反射を軽減させることもできますので、様々な製品のパーツへの採用が期待されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る