3Dプリンターのメリット・デメリット

金属3Dプリンターは機械加工で行なうと大変な作業でも簡単に、そして低コストで造形出来るのが最大のメリットですが、何が何でも作れるという訳ではありません。

例えば3D水管がある場合は体積が少なくなるので材料費も低減し、造形時間も短くなりますが、3D水管が無い場合にはその逆ですので3Dプリンターで作ることで逆にコストがかかってしまうことがあります。

3Dデータさえあれば多数小同時造形が可能ですのでコストも抑えられるので、大量生産まではいかなくてもある程度の料が必要な場合や、いくつかのバリエーションが必要な部品を造形する場合に3Dプリンターは活躍するのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る