マグネシウムから生み出した新金属

マグネシウムは金属の中でも最も軽く耐久性もある素材で、海水1リットルに対して1.3g含まれていることから、無尽蔵にある資源と言っても過言ではありません。
しかし、燃えやすい、変形しやすいなどの弱点により、中々実用化が難しい素材であるのも事実です。

そうしたマグネシウムから、亜鉛1%とイットリウム2%、そしてマグネシウム97%の黄金比の配合が見つけられ、強度があり燃えにくいマグネシウム「KUMADAIマグネシウム合金」が開発されました。

このマグネシウムはジュラルミンの1.5倍の強度を持ち、さらに2倍以上の耐食性を実現しており、550℃で発火したこれまでのマグネシウムに比べて、その倍である1000℃以上に熱しても発火しません。

現在では実際に一部航空機の機体にこのマグネシウムが採用され、機体の軽量化による燃費向上が実現しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る