金属の接合加工で行われる作業は、主に金属同士、又は金属と異種素材を溶融・一体化させる「溶接」、重鎮金属を溶かして金属材同士を結合させる「ろう付け」、ろう付けに似ているものの、450℃以下の低温で金属材を結合させる「はんだ付け」となります。

どれも言葉にすると単純なように聞こえてしまいますが、ここからそれぞれにさらに多くの種類の加工方法があるので、実は奥の深い加工方法の1つと言えます。
また接合加工の多くが材料や工数を少なくすることが出来るため、経済的な加工方法としても知られているでしょう。

また上記に挙げた溶接やはんだ付けについては、個人でも気軽に行なえる加工方法ですので、DIYとして楽しむ方も多いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る