ナノガイアシリーズについて

ヒロセ・ユニエンス株式会社の独自技術として開発された、ナノ金属酸化製造技術「ナノガイアシリーズ」は、10億分の1mのナノオーダーで合成・制御が可能となっています。

ナノレベルになった時に物質的、そして科学的特性が通常とは異なる事を踏まえ、10ナノメートルイカの金属酸化物の合成にも成功しています。
このサイズが具体的にどのくらいのサイズかと言うと、ウイルスよりも小さくDNAレベルの大きさだそうです。

主にチタニア、酸化タングステン、五酸化アンチモンなどの物質がナノ金属酸化製物として挙げられており、これらの合成や制御を得意としている技術とまとめると、より分かり易いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る